「書」 創作の楽しみ

インテリア用書作品とデザイン用毛筆文字

こんにちは、松本千嶂です。

臓器移植法(正式名は「臓器の移植に関する法律」)は、病気や事故によって臓器(心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸など)が機能しなくなった人に、他の人の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療を可能とする内容の法律です。

先日、重い心臓病の女の子が、移植手術を受け、成功した事例を紹介する新聞記事を読みました。常に死の恐怖と隣り合わせにあった命が、移植によって救われた喜びが記されていました。

記事には、「救われた命の先には、深い悲しみの中で、命を救う決断をしてくれた人たちがいる」とも。

 

******************

f:id:m-sensho:20200721083736j:plain

「命」

 大きさ:タテ約33cm、ヨコ約24cm


******************

 

救われる命があるのであれば役に立ちたい。

私のものでよければ使って下さい。

そう思っています。

 

<参考> 
臓器を提供する場合、臓器提供適応基準では、おおよそ心臓50歳以下、肺70歳以下、腎臓70歳以下、膵臓60歳以下、小腸60歳以下が望ましいとされています。しかし、この年齢を越えた方でも、医学的に提供が可能である場合もあります。(日本臓器移植ネットワークHPより