「書」 創作の楽しみ

インテリア用書作品とデザイン用毛筆文字

今この時しかないのです

 こんにちは。松本千嶂です。

 今日は、親鸞聖人が詠まれたとされる和歌を。

 

*************************

f:id:m-sensho:20200711085020j:plain f:id:m-sensho:20200711085041j:plain

 「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」

意味:明日も咲いていると思っている桜の花、

    しかし、夜に嵐が吹かないといえるでしょうか

大きさ:タテ約33cm、ヨコ約24cm ×

*************************

 

得度のために訪れた親鸞(その時の名は日野忠範)に対し、慈円和尚が「今日はもう遅いから明日にしよう」と言ったところ、親鸞はこの歌を詠んで答えたと伝えられています。一方、五木寛之さんの小説『親鸞』では、「今の世を生きる者には、明日はありません。今日、今この時しかないのです」という親鸞に対し、慈円和尚が詠んだ歌として描かれています。

 

「今この時を大切に」。わかってはいますが・・・。